元日本代表ゴールキーパーで、2016年シーズンからSC相模原でプレーする川口能活選手。9歳の頃から始めたサッカーへの思いは熱く、年齢を重ねても情熱が衰えることはありません。若い選手たちと刺激し合いながら「身体が動く限りプレーし続けたい」と語る川口選手。キャタピランの使い心地についても伺いました。

長く続けるには、トレーニング・栄養・休養のバランスが大事

梶原:こんにちは。株式会社ツインズの梶原です。本日はキャタピランがサポートしているサッカーチーム、SC相模原の川口能活選手に来ていただきました。よろしくお願いします。

川口:よろしくお願いします。

梶原:改めて、川口選手がサッカーを始めたのは何歳の頃ですか。

川口:9歳、小学校3年のときです。今年(2017年)42歳なのでもう33年間、サッカーをやっています。

梶原:33年! それはすごいですね。昨年(2016年)からSC相模原でプレーされていますが、チームは川口選手が日本代表だった頃、子どもだったような若い選手が多いです。若い選手と接するときに、気にかけていることはありますか?

川口:特別なにかをやっていることはありません。一緒にサッカーをしている時点で、サッカーという共通項がありますので、プレーの中でコミュニケーションをとっていく。若い選手たちとプレーすることで、逆に自分も若返って行く感じです。もちろん、僕が彼らに伝えることもありますし、僕が彼らから学ぶこともあります。

梶原:お互い刺激をしあっているんですね。サッカー選手として、長く現役を続ける秘訣は?

川口:まずはサッカーが好きなことと、あとは体調管理ですね。しっかり食事をとること、トレーニングをしっかりすること、休養をとることの3つが大事です。食事は若い頃から食事制限をしているので、それを続けています。若いときは、トレーニングの時間が大半でしたが、年齢があがるにつれ、休養をすることの大切さにも気づきます。そのバランスをしっかりとるようにしています。

若い選手には、言葉よりプレーで見せる

梶原:川口選手というと、ワールドカップの試合などで見せる、鬼のような形相が印象深いのですが、こうしてお会いすると、とても優しい目をしていらっしゃいますね。

川口:普段はほとんど怒りません(笑)。サッカーの試合中と、普段の生活では全然違うなと自分でも思います。ピッチに立つときは、勝たないといけない。もちろんプレーを楽しむことも必要ですが、サッカーは戦いです。そうするとスイッチが入って怖い顔になる。

梶原:今でも、若い選手に対して怖い顔で声出したりしているのですか?

川口:日本代表でプレーしているときは僕自身も若かったので、若さを全面に出して怒ったりしていました。それは演技のときもあるのですが、怒ることで周りの選手たちに刺激を与える意図もある。最近はアプローチの仕方は変わってきたと思います。けれど、試合に対する集中力、モチベーションは変わりません。

梶原:年齢を重ねるとフィジカル面、体力はどうしたって落ちてきますが、逆に、年齢を重ねてよくなってきたことってありますか?

川口:フィジカル面は維持することが精一杯になってきますけれど、よくなってきたのは、経験を活かして周りの選手を落ち着かせたり、技術でカバーしたりできることですね。あと、駆け引きも上手くなります。ゴール前の一対一の場面も、自分ひとりで勢いだけで防ぐのではなく、味方の選手を上手く使って防ぐようにするとか。そうしたプレーができるのは、年齢を重ねた技術力がアップしたからこそだと思います。

梶原:若い頃と比べて、練習内容は変わってきましたか。

川口:質は変わっていませんが、量は少なくなっています。キーパー練習自体がフィジカルトレーニングなのですが、若いときは全体練習をやったあと、シュートを受けるなどの自主練をしていましたが、今はやりすぎないようにしています。若いときはやりすぎても体力回復が早かったのですが。

梶原:SC相模原には川口さんに憧れている選手も多いと思うんですけれど、後輩を育てる上で気をつけていることは?

川口:育てるという意識も大事だとは思いますが、自分も試合に出て活躍したいという気持ちがあるので、彼らが僕に聞いてくればアドバイスしますけれど、自分から言うようなことはないですね。技術は盗むものだと僕は思っています。僕も教えてもらってきたというより、先輩のプレーを盗んでここまでやってきた。言葉で伝えるというより、プレーで見せるという思いが強いです。

身体が動き続ける限り、サッカーを続けたい

梶原:ファン・サポーターの方も興味あると思うのでお聞きしますが、川口選手は何歳までプレーしていたいですか?

川口:身体の無理が利く限り、やりたいですね。自分が動けなくなったなと思うときに、辞めると思うんですけれど、動ける間はプレー続けたいです。

梶原:過去も含めて、尊敬するサッカー選手はどなたですか?

川口:一番はもちろん(SC相模原代表の)望月さんです(笑)。そのときどきで、「この選手いいな」って思うのですが、今はやはりカズさん(横浜FCの三浦知良選手)ですね。横浜FCとの練習試合で、久しぶりにカズさんがプレーするのを見たんですけれど、これは横浜FCでスタメン張れるって思いました。50歳でJ2でスタメン張れて、90分間、プロのプレーをし続けられる。そのフィジカルの強さは尊敬に値しますね。

梶原:僕はカズ選手と年齢が近いのですが、選手としても人間としても魅力的ですね。

川口:カズさんがチームに対して不満をいうとか聞いたことがない。代表やっているときも、本当に黙々と自分のことに集中する。人間的にもすばらしいです。

足にストレス感じさせないキャタピラン

梶原:キャタピランを使った感想をお聞きしてもいいですか。

川口:正直、元からついている紐を取るのと、そこからつけるのは少し大変なのですが、その大変さが報われるくらい、使用性がいいですね。まず軽い! 軽くて、無駄な締め付け感がなく、足に対するストレスが全く感じられないのがキャタピランのすごさだと思います。

梶原:奥様も使ってくださっているとか。

川口:そうなんです。キャタピランをうちの奥さんに見せたら「あ、コレ知っているよ」って。子どもを通じて他の奥さんたちの間でも、キャタピランは話題になっていています。実際に自分も使ってみて、一般の方々に浸透している理由がわかりました。

梶原:どんなトレーニングで使いますか?

川口:チームのトレーニングですと、ボールを使わないトレーニングのときに使います。ランニング、フィジカルトレーニングのときに使いますが、本当に足にストレスがない。フィジカルトレーニングは心肺をかなり追い込むのですが、足に対する負担がないのはいいですね。

梶原:私もサポートマッチでギオンスタジアムに行くと、SC相模原のサポーターの方が「キャタピランいいよ!」って言ってくださるのが嬉しいです。キャタピランをつけてくださっている方も大勢、ブースに来ていただけました。

川口:本当に履きやすいんですよね。